kagayanのつれづれ 旅行記、ツーリング、オートバイトライアル、車中泊、トヨタハイエース、などを綴っています

kagayanのつれづれ

2022GW 四国・九州キャンパー旅 旅つれづれ レクビィ ヴォーノ

2022GW 四国・九州キャンパー旅① 秋田~神戸~高松

更新日:

2022GW 四国・九州キャンパー旅① 秋田~神戸~高松
1日目
今年のGWは、キャンパーレクビィBUONOで四国・九州をまわる旅へ。久しぶりに長期休みを取れたtomokoと、前半同行できることになりました。秋田市を夕方出発し、途中道の駅で車中泊。翌日お昼過ぎに神戸着(走行900km、12時間)。宿泊は最近人気のビジネスホテル「カンデオホテルズ神戸トアロード」。近くの駐車場にクルマを置いて、早速散歩に出ます。

三宮センター街地下にあるベトナム料理店「ホイアン」さんで、ベトナムビールで乾杯。春巻き、フォーなど本格的な味わい。お客さんの半分以上が外国人ふう~本場の香りが漂うお店です。

北野・異人館街に向かって歩き、「神戸布引ハーブ園」までロープウェイに乗って見ました。神戸の街並みと大阪湾を一望できます。

「神戸布引ハーブ園」広い敷地内に花やハーブがテーマエリア別に植えられている、かなり大きな植物園ですね。

綺麗なガーデンをゆっくり見ることが出来ました。

ホテルにチェックインして、露天風呂でさっぱりしてから夕食に出撃。
三宮のお好み焼き屋「しょうちゃん」さんへ。てっちゃんとうふ(ホルモンと豆腐の煮込み)。ビールが進みます。

豚そば。本場の焼きそばは結構濃い目の味。

油かす焼き(牛ホルモンのお好み焼き)。ねぎがたっぷり乗って美味しい。
ビールが進む、大満足の味。本場のお好み焼きを堪能しました。

「カンデオホテルズ神戸トアロード」のお部屋。広いベッドと荷物置き場。露天風呂も広く気持ちいい、大満足のホテルです。

2日目
翌朝はメリケンパークを散歩。遠くからでも目立つ凄い船があるぞ・・・織田信長の安宅船か!?
御座船 安宅丸(ござぶね あたけまる)は江戸幕府3代将軍家光公の命により造られた巨船「安宅丸」をモチーフにして作られた船だそうです。クルーズ船として運行中。
次回神戸に来たときは・・・「クルーズ船に乗る」「神戸海洋博物館・カワサキワールドをみる」必ず行きたいと思います。神戸にはまだまだ見るところがたくさんありますね。

神戸を出発。明石海峡大橋を渡り、淡路島で大橋の撮影タイム。ひたすら淡路島を南下し縦断。大鳴門橋を渡って徳島県鳴門市に上陸します。「大鳴門橋遊歩道 渦の道」に立ちよって、名物の鳴門の渦潮を見てみます。

「大鳴門橋遊歩道 渦の道」は、鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁下部に設置された、延長約450mの遊歩道および展望台。はっきりいって死ぬほど怖いシロモノでした。

真下に渦潮が見えますね~。tomokoは大喜びでしたが、ワタクシは全くダメ。早々に退散しました。

高松市に到着。宿泊は温泉があって安定品質のドーミーイン「天然温泉玉藻の湯ドーミーイン高松中央公園前」です。近所の駐車場にクルマを置いて、早速街中散歩に出発!

高松にきたからには、まずは讃岐うどん巡りとなります。今回は2日間で5件回りました。
うどん巡り1件目「松下製麺所」さん。完全セルフのうどん店。

いただいたのは熱々の「かけうどん一玉」自分でうどんを湯煎して、熱いかけ出汁を注ぎます。ねぎ、天かすを添えて立ち食いコーナーへ。いりこだしのスッキリとした味わいのお出汁、うどんは適度のコシ、もっちりとした味わい、これぞスタンダードな讃岐うどん、正統派な味わいでした。大満足。

うどん巡り2件目「こころええやん本店讃岐・手打ちうどんこころ」さん。うどんは昼間の営業で夜は居酒屋にもなるようです、お母さんたちがやってるセルフのお店。冷やしかけうどんとセルフのおでん、瓶ビールをいただきました。うどんは縮れた手打麺で太いですね~、ダシがパンチあります、実に美味いな~思わず声が出るうまさです。おでんはあっさりした関西風、冷えたビールとがっちり最高の組み合わせ、ドライブの疲れがふっとびました。

「栗林公園」を散策します。高松藩主松平家の別邸として、300年近く前に完成したそうで、国の特別名勝の日本庭園です。松の木がとにかく立派です。
南国らしく、ソテツの木もいっぱいあります。

栗林公園。絵にかいたような美しい庭園でした。

うどん巡り3件目「さか枝うどん」さん。完全セルフのうどん店。冷たいぶっかけうどんにネギ、生姜、天かすを入れていただきます。コシの強めな太い食べ応えあるうどん、ダシはパンチのあるいりこダシ、ガツンと力強さを感じられる一杯でした。

「天然温泉玉藻の湯ドーミーイン高松中央公園前」にチェックイン、温泉に入ってさっぱりして、夕食に出撃。
香川名物の骨付鳥のお店「一鶴 高松店」さんへ。まずは大生からスタート!

名物の「しょうゆ豆」をかじりながら、注文したおやどり、ひなどりが来るのをまちます。

銀色の食器に少し焦げ目のついたおやどり、ひなどりがドーンと登場。スパイスの効いた鶏肉が生ビールに非常に良く合います!本当は名物の鶏ご飯も食べたかったが・・・流石に今日はギブアップ。

街をゆっくり散歩してから、ホテルに帰りました。

-2022GW 四国・九州キャンパー旅, 旅つれづれ, レクビィ ヴォーノ

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.