キャンプ 2021北海道キャンパー旅 旅つれづれ ハイエースワゴン レクビィ ヴォーノ

北海道キャンパー旅 2021④ 稚内~礼文島・久種湖畔キャンプ場

投稿日:

8/10(火)、道の駅わっかないの周辺を朝散歩。防波堤ドームから、フェリー乗り場周辺の港を歩いてみました。
明治時代に完成した北防波堤ドーム、当時利尻島から資材を運搬して建築したそうです。綺麗なトイレがあり、周辺はキャンピングカーの車中泊地になっていますね。

ノシャップ岬まで移動、少しだけ釣りをしてみます。生エサを使いましたが反応は全くなし。

ノシャップ寒流水族館を見学します。暖流の対馬海流によって、比較的気候が温暖で海の生物が豊かな利尻・稚内地方なのですが、何故に寒流水族館と命名されたのか?もう50年以上前のことなので誰にも分からないらしい(笑)

可愛いアザラシがいっぱい!名物らしいイトウの水槽や、南極調査の展示など、みどころがいっぱいでした。面白かった。

稚内フェリーターミナル発、礼文島香深港16:05着のハートランドフェリーに乗って、礼文島に向かいます。フェリーターミナル2Fのレストランで、フライ盛り合わせ定食を頂きました。ボリュームたっぷりで美味しかった~。

定刻通り、礼文島香深港に到着。途中セイコーマートで買い出しをして、久種湖畔キャンプ場に向かいます。天気が良くて、利尻島が良く見えます。

久種湖畔キャンプ場に到着。2016年に、R1200RTでツーリングキャンプに来て以来です。今も昔も、ライダーに人気のキャンプ場。

オートキャンプサイトが開いてたので、電源を使いながらのんびり過ごせました。

早速ウッドストーブに着火、ソーセージ、スモークタンの焼き物をしながらのんびり飲みタイム。キャンプ場楽しいな~。

この日は鍋一杯の豆腐とわかめの味噌汁を作ってみました。もうこれで大満足、ヘルシーなキャンプ生活のスタートになりました。

礼文島は空気が爽やかで湿度が低くて虫がいなくて超快適。夜は満点の星空でした。だんだん幸福感が満ちてくる、旅の中間点でした。

-キャンプ, 2021北海道キャンパー旅, 旅つれづれ, ハイエースワゴン, レクビィ ヴォーノ

Copyright© kagayanのつれづれ , 2021 All Rights Reserved.