kagayanのつれづれ 旅行記、ツーリング、オートバイトライアル、車中泊、トヨタハイエース、などを綴っています

kagayanのつれづれ

トライアル大会2015 未分類

トライアル東北選手権第4戦in山形・立石TRパーク

投稿日:

5/24(日)、トライアル東北選手権第3戦in山形・立石TRパークに参加です。前日は村山にある温泉「クアハウス碁点」でさっぱりしたあと、現地で車中泊。荒生社長ほかクラブの先輩方と宴会。野外飲みが楽しい季節になりました。荒生さんから最近のホンダのマシンの開発の話などいろいろ聞けて面白かったです。尚、ウワサのHRC300はもうすでに結構注文入ってるようですね。
藤木さん達重鎮の皆さんはかなりディープな時間までやっていたようですが・・・ワタクシは10時きっかりに就寝!

翌朝は曇り空。5時に起きてセクションの下見をじっくりします。ウォーミングアップも順調に出来、体調も良し。ここまでは良い感じだったんですがね~。

IMG_3747

秋田トライアルクラブから今回エントリーするのは
国際B級
武藤選手(BETA)

国内A級
藤木選手(HONDA)
北林選手(GASGAS)
大友選手(MONTESA)

国内B級
佐々木選手(BETA)
大坂谷選手(MONTESA)
加々谷(MONTESA)

エンジョイクラス
鶴谷兄選手(MONTESA)
鶴谷弟選手(GASGAS)
吉田選手(JTG)
池田選手(MONTESA)

大坂屋選手と池田選手のマシンは知らないうちに色々手が入り、ラグジュアリーなブルジョア仕様になってました~。流石オトナが本気になると違いますな。では今日も頑張って行きましょう!ワタクシは今日も「5点無し」「ライン迷うな」「下見を十分に」「時間を目いっぱい使い」「楽しく走る」自分ルール厳守で行きます!

ワタクシの1ラップ目。下見の段階では、1sec以外はラインも決まっていて問題無かった。まず2secから回って、1secは他の選手のトライを見てから入る作戦で行きます。ところが実際にセクションに入ると、何だかいつもとタイミングが合わない。そういえば、大会前に荒生さんからアイドリング測定器を借りて少しだけアイドリング下げてしまった。いつも高めのセッティングが好みなので、2200回転+くらいだったんだけど・・・1850回転に調整。思えばこれが良くなかったな~、ステアに行くリズムが練習の時と少し違う。これでリズムを崩し、緊張からカラダもガチガチになってしまった。最難関の7secは大岩を上がれず5点。1ラップ目減点23、この頃無いほどの大量減点。

2ラップ目はもう諦めの心境で緊張も解けて、割とイメージ通りに攻められた。最難関の7secは大岩の手前で足を付いて、大きく回り込んで加速するラインを長めに取って、岩越え成功、3点アウト。5点無しで減点13。実力通りという感触です。
3ラップ目は少し工夫して減点を減らしつつ進めるものの、難関の7secの出口の岩にクラッチカバーをヒット、パッカーンです。クラッチフルードが漏れてクラッチが使用不能に。ここで5点、これが痛かった~。マシンは荒生さんがカバー交換、フルードのエア抜き、とサクサク20分かそこらでやってくれたので戦線復帰。さすがHRCサービスは手際が良い!荒生さんからマシンを買って良かったと心から思う日になりました。パッカーンが余程楽しいのか、皆さん盛り上がってましたネ~、こっちは完全にテンパってました。5点一つで減点13。

トータル減点49、クリーン10、5点2つ、12位でした。ああ、やはり毎回だけど立石は苦手だ。池田さんの鬼セクションに完全にやられました。

教訓。
大会前に余計にマシンをいじらない。セッティングは絶対に変えない。
肩甲骨を良く動かして、カラダを動かす。
上位の選手も5点を出している。今回も、2つの5点が無ければそこそこまで行けたはず。全て心の問題なので、自分ルールをひたすら守って行くべし。

次戦秋田、頑張って行きます。

秋田の皆さんのリザルトは以下の通り。皆さん怪我無く楽しんで走れたようです!
IMG_3750
IMG_3751
IMG_3749

IMG_3752

-トライアル大会2015, 未分類

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.