立山 旅つれづれ

立山・雷鳥荘に一泊旅②

投稿日:

雷鳥荘のベッドで、約9時間熟睡(笑)すっきりと起床しました。高所での体調がどうなるか心配していたのですが、大丈夫だったようです。
温泉でさっぱりしてから朝ご飯。湯豆腐、玉子焼きなどご飯が進むメニューですね~美味しかった。

9時に雷鳥荘をチェックアウト。天候が回復する気配が無く、濃いガスのままです。気温は高いが、展望がないので登山はあきらめました。
折角なので雷鳥沢周辺を歩いてみます。エンマ台(地獄谷展望台)からの地獄谷の景色。凄いな~。

雷鳥沢キャンプ場。テントは見かけなかったですね~。

雷鳥沢ヒュッテ。こちらの温泉も気もちいいらしいですね~。是非今度ははいりに来よう。

引き返してみくりが池~立山室堂山荘~室堂ターミナル、と歩いて今回は終了。今回は立山登山の偵察作戦となりました、何ともオレらしい慎重さ(笑)
5月は好天の日が多いが、6月はイマイチな日が多いらしい。積雪の無い、好天の登山をするなら、7月半ば~9月半ばまでということになるようです。今回はその辺の状況もしっかりつかめたので、成果は上々です。是非また機会をうかがって登山に来ます。

下山して、「立山カルデラ砂防博物館」を見学です。立山カルデラの歴史や自然と、立山砂防、常願寺川について紹介する博物館。これは面白かった~、富山県の歴史は、立山カルデラから発生する土砂災害、水害との戦いだったんですね~。それを活用して電力を生み、観光にも活用しています!人類の知恵ですね~大変良い勉強になりました。

砂防工事が行われている川を眺めて、富山県の歴史に思いをはせて今回の立山登山は終了。

翌日、新潟県の「VINESPA カーブドッチヴィネスパ」の日帰り温泉に。カフェ、ライブラリーを併設した日帰り温泉、サウナ・温泉も気持ちよく綺麗な設備でした。是非こちらもまた立ち寄りたい。

いろいろと知見を広めることが出来た、有意義な旅でした。

-立山, 旅つれづれ

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.