kagayanのつれづれ 旅行記、ツーリング、オートバイトライアル、車中泊、トヨタハイエース、などを綴っています

kagayanのつれづれ

キャンパー旅2021 小豆島~四国~鹿児島 旅つれづれ ハイエースワゴン レクビィ ヴォーノ

キャンパー旅2021 小豆島~四国~鹿児島② 小豆島から高松へ

投稿日:

2021年4月後半、キャンパーで香川県小豆島~四国~鹿児島と巡ってきました。念のため最終日にPCR検査を行い、陰性を確認してから帰宅しました。

小豆島2日目の朝は雨。傘をさして、オリーブ公園をぐるりと散歩しました。雨なので写真がいまいちですが・・・広い敷地にオリーブ畑が続き、海の景色と合わさって何とも心地いい公園です。

ギリシャ風車。

オリーブ発祥の地。明治時代に国策として日本初のオリーブ栽培が始まった小豆島。温暖な気候が適地だったのだそうです。良いところですね~。

オリーブの原木。美しいオリーブ畑は小豆島観光の大きな見どころになっています。

エンジェルロード、潮の満ち干きで道が現れたり消えたりする砂浜。引き潮のときには島まで渡ることができるようです。

土庄本町「迷路のまち」。中世の瀬戸内海で活動した海賊の侵入から身をまもるために、あるいは南北朝時代の戦乱にそなえて、迷路のように入り組ませた路地によって町がつくられたそうです。

歴史を感じさせる古い町並みを、じっくりと散歩できました。

小豆島オリーブ公園に戻り、オリーブの歴史を学ぶ「オリーブ記念館」へ。もともとは日露戦争で勝ち取った北の海域で取れる魚を、かんづめにするためにオリーブ油が要る!という経緯だったようですね。そんな訳で、小豆島産のオリーブの実はどこにも売ってなく、上質な油や化粧品などが主な製品になってるようです。

さて、まだ少し時間があるので、持ってきた自転車で小豆島サイクリング。良い景色。

うどん屋さんを発見!本場の讃岐うどん「三太郎」さんに入店。

「しょうゆかけうどん」¥704を注文。太く、コシと食べ応えのある冷たいうどんに、生醤油と天かすをかけながら食べます。感動的な美味しさでした。

道の駅 小豆島ふるさと村で名産の「オリーブそうめん」をいただきます。ツルツルと美味しくいただきました。

お昼の池田港~高松港行きのフェリーで、四国・香川県高松市に向けて出港。

温暖で、美しく、空気が綺麗な島。歴史を学んで、美味しいものをいろいろ味わえて、最高の思い出になりました。

-キャンパー旅2021 小豆島~四国~鹿児島, 旅つれづれ, ハイエースワゴン, レクビィ ヴォーノ

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.