トライアル大会2015 未分類

トライアル東北選手権第3戦in室根山

投稿日:

5/24(日)、トライアル東北選手権第3戦in室根山に参加です。ワタクシ前日は、午前一杯じっくりとマシンの整備、午後は仕事のセミナーに出て夕方秋田を出発。一関市の「道の駅かわさき」に車中泊でした。道の駅の真向かいにあるホルモン焼き居酒屋でいっぱい飲んで鋭気を養う!

翌朝は現地に7時到着。良い天気で完全ドライ。セクションは簡単ではない雰囲気ですが、グリップが非常に良い様子。また、渋滞を防ぐため短めで結果の出やすい作りにしたようです。


秋田トライアルクラブから今回エントリーするのは
国際B級
武藤選手(BETA)

国内A級
藤木選手(HONDA)
北林選手(GASGAS)
大友選手(MONTESA)

国内B級
佐々木選手(BETA)
大坂谷選手(MONTESA)
加々谷(MONTESA)

エンジョイクラス
鶴谷兄選手(MONTESA)
鶴谷弟選手(GASGAS)
吉田選手(JTG)

皆さん今回も怪我なく、最高の結果が出ますように、頑張りましょう!
IMG_0087

IMG_0113

IMG_0120

IMG_0107

IMG_0115

ワタクシは今回、1secから順番に回りました。渋滞も無く、急がなかったんですが参加人数の割には並ぶことも無くスムーズに進み、12時頃には無事3ラップ終了、ゴールしました。さて、1ラップ目1sec。設定は簡単目なんですが、広いセクションでラインがあり過ぎる。自分で決めたラインはあるのですが、前に10台くらい並び、色んな選手が走るたびに別々のラインで行きます・・・。これに迷わされたワタクシの甘さが出て、禁断のライン変更。そして案の定、登りでスリップし転倒、5点。最悪のスタートです。自分ルールを守れないココロの弱さが、まだまだ上位陣に入れない自分の弱さ。反省です。

以降は、入念な下見、ライン決め、迷わず、絶対5点無し、でラップを進め、ちょくちょく1点は出るのですが最小限に抑えて、1ラップ目減点11、2ラップ目減点7。

さて、3ラップ目。ちょくちょくと出る1点を、何とか抑えたい。時間もあったので、じっくりとラインを検討してみました。7secの中盤の登り、ここは地形が複雑でどうしてもバイクが振られる。NAのラインで、一気に上に登ればクリーン出来るかも?と思って挑戦することに。何という攻めの姿勢、我ながらヤル気だけは十分。そしてやってみたら、登りでアクセルを開けられずバタ足3点。致命傷を負いました。そしてヒルクライムの9sec。ここはクリーン、1点と来てるので自信を持って挑みますが、何故かフロントを上げられず途中の岩に激突、強制終了で5点です。

ガッカリの終わり方でした・・・こんなに落ち込む大会は久しぶり。怪我は無いですが、心に深い傷を負った大会でした・・・MFJに保険の申請をせねば・・・。

リザルトは減点31、クリーン11、10位。6ポイントは嬉しいですが、内容的にダメダメです。
反省の多い大会でした。自分ルールをきちんと守ること、また1点で行けるセクションなら、無理して攻めラインでクリーンを狙ったりはしない事!自分の実力を出し切る作戦で行くようにしないとね!上手い人のマネをしても出来ない事は出来ないんだから。

IBクラスは武藤選手12位、先週負った腕の怪我、我慢して走り切った!
NAクラスは北林選手気合の10位、大友選手14位ポイントゲット、藤木選手18位。
NBクラスは村越選手2位、佐々木選手3位表彰台。大坂谷選手珍しく調子を崩し12位。
エンジョイクラスは秋田勢が1、2、3位と上位独占!鶴谷弟選手、鶴谷兄選手、吉田選手、おめでとうございます!

IMG_0136

IMG_0133

今回のNBクラスのリザルトを見てて思ったのですが、第9secのヒルクライム。3ラップ目ですが、2スト勢でクリーン出来た人がゼロ。クリーンしてる方が2名いますが、お二人とも4ストですネ。やはりモンテッサの方が登りには強い!という事なんだろうか??重いモンテッサに乗り続ける理由がここにある?取りあえずそう思う事にします。

来年は、何とHRCから300が出るようですね。軽量化が進んで2kg減!?多分別物の性能でしょうネ~。260ccのパワーに物足りなさを感じる方、今すぐ予約です!

-トライアル大会2015, 未分類

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.