kagayanのつれづれ 旅行記、ツーリング、オートバイトライアル、車中泊、トヨタハイエース、などを綴っています

kagayanのつれづれ

トライアル 未分類

トライアル東北選手権第6戦秋田大会in田沢湖スキー場

投稿日:

7/27(日)トライアル東北選手権第6戦in田沢湖スキー場。今年は急遽、上のかもしか駐車場での開催になりました。当日は朝から雨、霧が濃く駐車場の他のクルマも良く見えない有様。真夏なのに肌寒い・・・広いスキー場で遭難者が出ない事を祈るのみですな。

秋田からのエントリーは・・・
国内A級
武藤選手(BETA)
藤木選手(HONDA)
北林選手(GASGAS)

国内B級
大友選手(MONTESA)
加々谷(MONTESA)

エンジョイクラス
鶴谷選手(MONTESA)

今日のワタクシは・・・このところ色々やることが多く、やや疲れ気味(笑)しかし、マシンは新クラッチセッティング&42Tの新しいスプロケットでギヤ比を下げ、より慎重に攻められるマシンに進化。先週も朝練でマシンとポジションのチェックは出来てる!今日のエントリーはNBクラス20名、少しでもポイント取れるように頑張ります。

早めに、7時前に会場に着いたので、まずはじっくりと下見。狭い場所での岩越えが多い、1、2secにはラインが無いぞ。はっきりいって難しいセクションが多い!コースが広く、路面のコンディションが悪いので、セクションの渋滞はあり得るな・・・あまりゆっくりは出来なさそう。まずは下の方にある10secから始めて、あとでゲレンデ上の1~4secに向かう作戦。

IMG_3685

IMG_3668

1ラップ目・・・開店9時と同時に入った10secは、森からの下りがややきつかったけどクリーン。幸先よし。次の5secは岩越えでひっかかり後退、5点。沢登りも足を付きながらなんとか脱出。上に向かって1、2secは残念ながらバタ足。気合を込めて臨んだ3secは何とかクリーン。強烈ヒルクライムの4secは、我がマシン(とテクニック)では走破不可能と断定!!申告5点。減点24、クリーン3。

2ラップ目・・・改めて気合入れなおす。途中、ステップのボルトが外れ修理に戻ったりしたが、まずまず冷静にトライできた。強烈ヒルクライムの4secは、閉鎖されました(一人しかアウト出来なかったらしい)。減点15、クリーン3。

3ラップ目・・・狭いところの岩に、シフトレバーを何度かぶつけたせいで・・・ギアが落ちない、3速より下に入らない。エンジン掛けるのに、死ぬほどキックしていたら、思ったより足に負担が来たようで・・・1secを出た途端フトモモが攣り出す。クラッチは離せないし・・・。武藤選手に少し助けて貰い、少し休んだらやや回復。最後まで走り切りました。減点20、クリーン1。9位でした。

IMG_3658

IMG_3664

IMG_3666

IMG_3674

やはり、3ラップ目に、疲れのせいもあって気のゆるみがあった。気合が続いていれば、もう5点は減らせたはず。ラインの迷いは今回、殆どなかった。唯一、最後に入った10sec。人のアドバイスに耳を貸せば、殆ど5点になるのは前から分かってたはず。自分の信じたラインをひたすら行くように!!たまたまポイント取れましたが・・・もうひと頑張りで、もう少し上に行けるはずだ。
NA武藤選手、減点35クリーン16、4位。昇格にリーチが掛かって来ました。藤木選手、減点48クリーン7、12位。北林選手、減点54、クリーン7、15位。
NB大友選手、減点50クリーン10、7位。EJ鶴谷選手、減点63クリーン3、2位。
みなさんお疲れ様でした!

帰りは足が痛すぎて、自分で運転出来ませんでした・・・。休暇村の温泉でやや暫く温泉に浸かって、人間に戻ってから自宅に帰りました。愛機モンテッサCOTA4RTは、ミッションの分解が必要、荒生社長のトランポで搬送~入院です。やれやれ。

-トライアル, 未分類

Copyright© kagayanのつれづれ , 2022 All Rights Reserved.